「ネクストリーダーサミット」に集中した時に湧きおこるプレッシャーと戦う1秒の重み



大丈夫【歌詞付き】 jimama



たいへんお久しぶりになってしまいました。
寒くなってきましたが、体調など崩されていませんか?

我が家は、少々体調不良です。
腹痛から始まり、のどの痛みや微熱、咳など・・・私を含め子供達も風邪の症状です。

ですが、このくらいでは、気にしなくなってきた逞(たくま)しい私達です。


私は、ネクストリーダーサミットとネットワークミーティング参加に向けて

息子は、土曜日に学校の友人二人と担任の先生と行く海釣りに向けて

娘は、幼稚園の発表会で鉄琴を演奏することに向けて


それぞれ頑張っています。



こちらウェブリブログに書くことが、最近難しくなってきました。
それは、書く内容が込み入ってきて、端的にまとめるには時間が必要なので、記事記入が先送りになってしまうということです。

私が今持っているブログは数個あるのですが、それぞれ、その時の気分で書く場所を使い分けています。
これらをまとめて、来年には

『専業主婦、夢への挑戦』

と題して、その第一弾として、
「ネクストリーダーサミット参加に向けて奮闘するストーリー」
を、本という形にしようと思っています。



前記事から今まで、いろいろなことが私の心の中でおこりました。

成長であり変化です。

文字にすると、なんとも簡単に見えますが、1秒1秒を大切にして自分変革をしていくという
かなりキツイ行動でありました。

今現在も、あえて言葉にするなら「大きなプレッシャー」がのしかかり、吐き気をもよおすほどです。

でも、この状態が常に続いているわけではありません。
そのようにならないよう、自分をコントロールできるようにもなったのです。

ここで、
時々、突如現れるこの大きな息の詰まるものの正体が何なのかを考えてみました。
いろいろなことがあげられます。


①初めてのことをすること
②初めての人に会うこと
③チャンスは一度きりということ
④初めての段取りをすること
⑤先が見えないこと
⑥1~5の状態でも、自分のやりたいことがはっきり決まっていること
⑦真反対の思考と感情が葛藤していること

などです。


ここで、無理矢理、楽しいことを思い浮かべることにしてみましょう♪


①子供達がいず、まったく自分のためだけに時間を使えるということ
②素晴らしい方々と直接話ができるチャンスを持っていること
③これから進んでいく道に何らかの光が照らされること
④楽しい時空間が待っているということ
⑤私を応援してくれ、土産話を楽しみにしてくれている人がいるということ
⑥きっと、また、新しい自分を発見できる期待があること
⑦我が家では手に入らない良質な知識と経験を習得することができるということ

などです。



このように心の中が複雑すぎて、私の今の実力では処理しきれないのだと思います。

きっと、このような感情も、5日の帰りの電車の中では、今からでは予想のできない感情に変化している
ということは分かりますが・・・。


「何も考えないことに集中する」


この技を使わなければなりません。
「何も考えない」といっても、心の動揺に焦点を当てるというのではなく、
段取りには目を向けておかなければなりません。

最後の最後まで「今しかできないこと」を想像して、気づけば実行する・・・・・この作業をしていかなければなりません。

主人から
「最初で最後にしてね。数年後君がガッポガッポ儲けることができたら話は別だけど」
と言われています。
これが私の現実です。
現実は受け入れなければなりません。
本気で受け入れることで、次に進む道が見え始めるのだと思います。


私には、諦めるという感情がありません。
これが、長所であり短所でもあります。

どうせ、いつまでもつきあっていかなければならない自分です。
なら、長所として受け入れたいものです。



記事上部の歌は、過去の私が見つけた物です。
今の私の励ましになります。

歌の力は絶大です。
心が折れそうな時、何度もたくさんの歌に助けられました。


これからも、何かをする限り、なんらかのプレッシャーが降りかかってくるでしょう。
だから、今のこのプレッシャーを乗り越えることが、未来の私の力になるのです。

私は、このプレッシャーをチャンスと見ます。
「もうダメだ」と思わず言ってしまいたくなることしばしばですが、
そんな状態だからこそ発見できる何かがあるのです。

これをチャンスにしないのは、今の私自身が許してくれないでしょう。



意識が変われば、行動が変わり、
行動が変われば、習慣が変わり、
習慣が変われば、人格が変わり、
人格が変われば、運命が変わる。




この言葉は、正しいのでしょうか?
私は、少なく見積もっても約2年、このことを自分なりに研究してきました。
すでに、人格が変わったところまではたどり着けたと思っています。

「人格が変わった」といっても、過去の私と変わらないものもあります。
考え方の基礎や原則は、変わっていません。

この基礎や原則が、正しいことなのかということも一緒に研究してきたことです。


専業主婦というとても小さな世界に住んでいる私。
自分の実力がどのようなものなのか全く分からない私。
自分以外の人がどのように考えるのかを知らない私。


自然の神秘と子供達の可能性に魅せられたことで、自分の可能性にも気づき、それを追求してきたこの4年間。
たくさんのいろいろな種類の汗と涙を流したことを代償に、たくさんの知識と技術を手に入れました。


今この時、ここまでたどり着いても、日常のささやかな幸せが一番と思える自分を誇らしく思います。

妊娠悪阻や不育症、子供時代の心の孤独などから気づいて解決したかったことも、ようやく見えてきた自分がいます。


「私の幸せとは?」


最終的にたどり着いた場所です。

「やりたいことを叶えるために、やりたいことをもっともっと深く知る。できそうでできないこの作業を繰り返しできたとき、夢は叶うのかもしれない」

今でもこの考えは変わりません。



私が「幸せになりたい」ということは、私以外の人も形は違えど少なからずそう思っているはずです。
なら、自分が幸せになるための地図ができあがれば、私と同じ境遇にいる人もその地図を使い、
目的地にたどり着けるのではないか・・・・・

そんなふうに考えています。




さて、
やはり、ここでは、私の心の深部にたどり着くことができます。
日常の私には気づいていない心の声・・・・・これが酒林ゆきの声です。


この記事を読み返し、普段の私は元気をもらいます。


ありがとう、酒林ゆき。
私の永遠の味方。

これからも共に歩もう!
私も永遠にあなたの味方であり、応援者です。






皆様も、どうぞ、悔いのない日常を送ってください。

"「ネクストリーダーサミット」に集中した時に湧きおこるプレッシャーと戦う1秒の重み" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント