衣替えの問題点(岡山)

2016年3月1日天気


岡山は制服である。
そして、今日は衣替えの日である。

しかし、一日で春になるわけでもなく、
朝の6時は-1度、9時は2度という、まあ冬の気温と言えるのではないだろうか?

それが、
このご時勢、自らの工夫によって体調を管理できる私服やグッズが整っているというのに、

「体調が悪くなければ、衣替えしてきてください。」

という先生からのお知らせがあったと言う。
・・・では、ここでの

体調が悪い

とは、どういった症状なのであろうか?
朝の時点で、鼻水の出ている娘が

「今日は、衣替えの日だから手袋とネックウォーマーもしていったらダメなのよね~。」

と愚痴っていた。
私「確か、それぞれで調整すればいいはずだけど?」

娘「でも、先生がそういったよ。」

と娘。
娘の服装を確かめてみると、制服の上着の下に着ているはずのトレーナーも着ていない。

私「制服を脱がなければわからないのだから、着ていった方がいい。というより、こればかりは着ていきなさい!と言うよ!!!
なぜかというと、あなたは、今、着て行きたいと思っているでしょ。それに、お母さんも風邪を引かない予防ができるなら、後がたいへんだから、着ていってほしいから。
もちろん、あなたが、体を鍛えるために着ていかない!というなら、まぁ、応援するけど!」

このようなやり取りをしているうちに、
かなり腹が立ってきた私だった★

主人と娘は、その私の剣幕にたじたじしていたが(笑)

これが、子どもを甘やかしている!と言われるなら、それもその人の常識かもしれない。


けれど、本当にそうか???????????????


これだけ、自分の工夫次第でどうにでもなる世の中なのに、
服装ごときで、檻の中に入れるとは!!!

忍耐力を鍛えるために我慢と言うものもとても大切だ。
しかし、
「我慢をする場所がなんだか違うのではないか???」
と感じてしまった。

私が腹が立っていた部分は、
娘と私はお互いの言いたいことを話せる中だけれど、
そうではない家庭では、子供達がこの不快を全て背負っているということだ!!!!!!!

そんなに目くじらを立てることか?

なんて思う大人も多いだろう。
だけど、私は腹が立って仕方がない。
寒さに強い子もいるし、それならそれで選べばいい。
子供達の意思で選べる状況にないということに、私は怒りを覚えているようだ。

娘が、周囲の流れに流されて、愚痴を言いながら自分の本当にしたいことをするということを選んでいないことを無意識にやっていること自体にも腹が立つが、
それはそれで、今後、それを踏まえたうえで娘と接して、自分の本当にやりたいことをするために、
どうやって周囲と関わっていくかという技術を習得させてやればいいだけだから。

ほんの少しのアドバイスで、子供達は自分なりに応用していく。
だから、私がすることは少ない。
考え方のきっかけを作ってやればいいだけだから。

でも、これをしてもらえない子供達は、
その子それぞれの性格や環境にもよるだろうが、
自分のやりたいことをしていくために乗り越えることができる子、
流されることで、その場を乗り越えて、できるときが着たらやる子、
どうにもできず、できない自分を責めて、自信をなくす子、
などなど様々に育っていく。

納得のいかない私は、
担任の先生の伝え方を知りたくなった。
ひとまず、朝学校に出ると事情がわからない先生が出るだろうけど、
様子見のため電話をしてみた。
すると、

「体調が悪いのですか?」

という質問が帰ってきた。
この時点で、融通の聞く話ができる先生ではないな、と判断した。
そのため、
「はい、体調が悪いので」

と答えた。
この答えたとき、
・・・先生は、ルールと違うことをするなら、ルールの中で決められている「体調が悪いならルールにのっとり別のことができる」という事柄で責任回避できるから、
保護者に、その発言をさせたいのだな!!!
と判断した。

主人とも話したが、
今日の天気予報を予測して、
「明日は寒そうですから、衣替えの日となっていますが、寒いと思った人は通常通りのカッコウでいいですよ。」
という指示をだすことがベストではないか?

もしくは、もしかしたら、今でも暑くなっている子がいるかもしれない。
それなら、「衣替えのある日は目安です。各自で調整をしてください。衣替え日の前後1ヶ月くらいが調整機関にします。」
などとすればいいのではないだろうか?

今回、娘が学校を休めば、娘の出席日数が1日減るだけ!で、どの人にもマイナスにならない。
笑えるのは、このように学校を休んだとしても、学校に行かなかった子どももしくは親が、
「学校に行っていない」というレッテルが貼られるようなもの。

今の私は、そんなレッテルなど「へ」でもないが、
このレッテルで歯軋りしている子供達がいると思うと、それがやりきれない。

岡山が、成績や校内暴力などの面で順位が低いのは、
子供達自身が子供達自身のやりたいことややるべきことを自分達で決めることが、
こうした、ごく当たり前に見える日常のことで訓練されていないからではないか?
と思わずにはいられない。

自分で考えて出した結果に責任を取る・・・
という基本的な思考や行動を
命令されたことを従順に聞くロボットとして出来上がっていくことで成績が上がるなど、
ありえない!!!!!!!!!!

なぜなら、このご時勢で、面白くもない勉強なんて継続できないだろう(笑)
今の勉強自体が面白い子もいるだろう。
そういう子達は、思いっきり楽しめばいい!
思いっきり勉強して、思いっきり勉強ができるようになればいいんだ。

でも、人間には個性があるように、
今、学校で勉強とされていることが大好きな子達ばかりと限らない。
それなのに、
勉強をする子供達ではなく、
勉強を教える方が、どのような勉強をするかを決めているのだ。

その前に、勉強する環境はココで、それはこんなだ!と決めているのだ。


クソ寒くて、不快なときに、快適に頭動かすなんて馬鹿らしい。
もちろん、そのような状況でも勉強する訓練をすることは、望む人がいればそうすればいい。
そのような人にとっては、その時はその方が力がつくのだから。

ほんとに、
岡山の学校の自由度のなさ・・・公立というべきか?・・・辟易する。

娘の学校はまだいいらしいが、
社会に出た時のギャップがありすぎるのではないか?

その結果も、既に若者達に出ているだろう。
学校という、社会で必要とされる人物を排出できない環境で生きなければならない子供達が、
社会にでて適応できないからとののしられたりする。
そりゃ、鬱になるだろ。

私が、今朝、娘に伝えたことは、


「自分が本当にやりたいことがあるなら、まずは自分が調べて、それでもダメだったら誰かに教えてもらうために質問する。
そして、どうしてもダメなら、その時の自分ではなく未来の自分が必ずやってくれるから、保留にすればいい。
他の事で力を蓄えればいい。
自分の本当にやりたいことがあるなら、これをすることに力を注ぐこと。愚痴を言って、結局、自分のやりたことをしないことを人の責任にしてはいけない。」


この内容が、今の娘にどこまで届いたかはわからない。
でも、私自身が、今の私の実力で精一杯をやった。
この事実だけでいい。

・・・は~~~・・・
本当に学校に行く意味があるのか?

と、息子の時には腹の立つことありまくりだったけれど(笑)
今では、この点を軽んじていた自分に気づけてよかった。

私が、「私の、あなたの、発表会」をしている意味はこれがある。

息子や娘に、自分の存在がどれだけ貴重なものであるかを実感してほしいからだ。
でなけりゃ、こんなに続けてこれなかった。

まぁ~
私自身の夢を息子や娘に押し付けないようにすることも、けっこう自覚するのが難しいのだが。
その都度、こちらの本音を伝え、本気で相手の本気を聴く。
何度も、様々な質問をして、こちらの意見を加えず、ただただ聴く。
時には、「もしかしたらこういう意味?」と聴きながら、心の中で渦巻いている声を言葉に置き換えてやる。
これにより、自分の気持ちがどうなのかを観察して、より近いものを選択すればいいだけになる。

この段階ができると、
次は、自分の感情を自分の言葉で言えるようになってくる。
実践の上に、自分の能力として鍛えられていくのだ。

これが、ファミリープロデューサーがやっている本気の子育てだ。

こうして、この記事を書いて、いくらのお金が入るか?
今のところ、無料である(笑)

今の私のコピーライティングの実力でも50分くらいはかかっている。
書かなくても、今日は過ぎる。
書かなくても、私が直接困ることはごくわずかだ。

だけど書く意味とは?!!!

それは、私が子供の頃に伝えたかったことだから。
あの子どもの私は、自分の意見を言葉にまとめることができなかったし、
それを社会へ発信するすべも持たなかった。

だから、大人になったら、それらができる実力を必ず身につける!と決心していた。

!!!そうか!
この基盤が、今の継続力と、エネルギーが無限に湧き出る泉を作ってくれているんだな。

・・・
本当に、このブログ『アトリエ創作室&oasis+』では、どうしてこれほどまでに深く心の中へ進入できるのだろう?

・・・それは、ここを信頼しているからだろう。なぜか・・・信頼してしまう。


さあ!
今日も、電子書籍完成までのあとわずかだけど密度の詰まったゴールまでの最後の2割を泳ぎきる!!!
動画2本撮影。
終わりに記入。
プロフィール記入。

今回は、絶対に、仕上げきる。。。。。。。。。。。


(誤字脱字見直しなしです)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント