毎月11日は、反省と目標設定の日(2012/6/11)


小田和正 今日もどこかで cover

なんて素敵なんだろう・・・。心揺さぶられます~!透き通る歌声!CDほしいなぁ・・・。



http://sosakushitu.at.webry.info/201205/article_5.html
5/11の「反省と目標設定の日」記事。





また、一月が経った。

私には変化があっただろうか?

あった。

大きくあった!と言ってもいい。


今週は特に、毎日のように、目標を持って毎日を過ごされている信頼のおける方々に、
企画書を見ていただき、感想もお聞きした。

それから分かったことは、

またふりだしに戻ってみるということ。

今の私の実力で、このブログを書き始めた頃に戻ってみるのだ!
それなら、進むべき方向と、その進み方が明確だ。

これであれば、自分以外の人と関わった時に、何をどのように頼めばいいかも分かるはず。

これは重要!


私の強みは、物造りとマネジメント。
私の最初の夢は、手作りのコーディネイトされた洋服や小物を作り、販売すること。そして、自宅を使って何かをすること。

この考えに到ったのは、
学歴や経歴を持たない家事と子育てしかしてこなかった専業主婦である私が、子供達との関係をそのままにして収入を得る方法を考えたからである。

今は、家も庭もできた。

この3年半で、地域のマーケティングもほとんどできている。
マネジメントができる優秀な人とも出会えた。
私が、道を切り開かなくても、その人の応援をするだけで、私の望んだスピードと内容で進めてくれそうな方。

正直なところ、ホッとしている。
ずいぶん肩の荷が下りた。
これで、本来の自分の夢に集中できる!


マネジメントは好きだ。
でも、我が子達の成長著しい時は、子供達に重点を置く、家庭内のマネジメントがしたい。
地域マネジメントをしすぎると、家庭内がおろそかになってしまう。
それに、家庭内マネジメントが、本来の私の夢でもある。

いまでは、まるで、バイキングのランチのように、選ぶものをたくさん用意することができた。
だから、その都度、その時にあったものを選んでいけばよい。


初心


「奥様の手作り作品が商品に!」
「日常で使うものに、同じ布などを使ってコーディネイトしたものをウリにする」
「我が家と地域の人が交流できる憩いの場であるお庭」


この夢を叶えるための土台を、こちら岡山に来て作ってきた。

最初は、この3つを叶えるためだけに動いた。
でも、動いてみるとそれだけでは継続できないことが分かった。

だから、一生の仕事にできるよう、その土台を作り続けた。ただ、ひたすらに・・・・・・・。


今ここにきて、過去を振り返ったとき、「なんて回り道をしたんだ!」と、その通ってきた道のりに唖然とする。
反面、誇らしくもある。
私にしか通れなかった道のりだと思う。


これが、 私の地図だ!

ここからの地図は、本屋に行っても手に入るかもしれない。
自宅ショップを作ることなど、意外に簡単だ。

・・・私は、結局のところ、自宅ショップを作るのではない。
あくまで、アソシエーションハウス(ビジネスバージョン)を作っている。・・・そして、これは『ファミリータイプ』♪

子供達に「生きる力」を身に付けさせるために、我が家でビジネスをしながら私自身が成長して得たものを子育てに応用していく。

これが、私流子育て法。



我が家の目的は、子供の心を育む
これは、それぞれの家庭で異なればいい。

東大を目指す!でも、サッカー選手になる!でも、なんでもいい。

私自身の夢を叶えるというより、家族の夢を?・・・?・・・叶える・・・
これが、??????

ん~~~
私の夢=家族の夢

これが理想なのだと思う。
これらが一致しない時、どんな結果になるだろう?

それを選ぶ人もいる。
それはそれで、その人の選択だ。
だけど、私は、自分だけの夢を叶えるためだけに集中したくはない。

ただ、夢を追う時、それがわがままとして受け取られることは多々ある。
これをどのように、周囲に説明し理解を求めるかも、夢への執着の度合いで決まると思う。

やりたいことを叶えるために、やりたいことをもっともっと深く知る。できそうでできないこの作業を続けることができたとき、夢は叶うのかもしれない。

家造りからこっち、つぶやき続けた言葉だ。
ある雑誌に書いてあった。
家造り中に、迷いに迷って訳が分からなくなり、師に電話をし、泣言を言い、何もしゃべることができなくなっていたあの頃の私・・・。

なんと懐かしいのだろう。
遥か昔に感じてしまう。

でも、あれは、ほんの4~5年前のこと。
たくさん泣いたし、たくさん怒った(笑)


~~~~~~~~~~~~~~~~~

①「シェアアトリエ」をOPENさせる。・・・シェアアトリエ「創作室」と、看板を作るかな♪

②Webフリマやオフラインで販売するためのハンドメイド商品作成教室をOPENさせる。・・・これは、自宅でする場合はO+~door~の領域だな!
交流センターなどの場合は、oasis+に属する。
自宅で何かを行う場合は、全て「O+~door~」。
室内やお庭を撮影場所にする。

販売経路を、オンライン・オフラインともに開拓する。
この下地はできている。後は実行あるのみ!

③年に一度くらい、できれば半年に一度、関わってくれる大切な人だけを集めたイベントの開催。
ここで、今後の子供の心の育み方を話し合い、音楽で共有体験をし、信頼の絆を深めあう。
ビジネス関連の報告会も兼ねる。


④これらが定着すれば、形式的なお仕事の部分を任せられる人を探す。

⑤その後、今までの経緯をまとめ原稿を作る。


2013年末までに、①~③を仕上げ、
2015年末までに、④を達成。
2016年から⑤を手掛ける。(息子高3、娘小6)

①団地フリーマーケット、地域フリーマーケット。
②地域でのハンドメイドファッションショー。
③ハウジングでのハンドメイド教室。ボトルフラワー教室。など。

①~③も、大筋を進めていけば、流れの中で自然に形作られるだろう。



******************************************

これから後は、今日までの気づきを記入してみよう!


昨日、「海の上のピアニスト」を見ていて気づいた。
箱舟とは、このみさわちゃんのことだったんだ!・・・と。

山と海のママの家とパパの家は、友人達に任せることになると思う。


『専業主婦』


これを、今一度考えてみた。

専業主婦にも、いろいろなタイプがある。

学歴も高く、バリバリに仕事をしていた人でも、その時、専業主婦であることもある。
その反対に、高学歴や経歴のない専業主婦もいる。

家事が好きで、生き生きと家族のために掃除や料理などをしている専業主婦もいれば、
毎日、のんびりゆったり過ごして、子供達の憩いの場を作り出している専業主婦もいる。

地域やPTA、ボランティア活動に生きがいを見出している専業主婦もいれば、
躾や習い事など子育てに没頭している専業主婦もいる。


ここでは、「専業主婦」としたけれど、このカッコの中は、会社員や学生などにも置き換わると思う。

それぞれの役割の中でも、さまざまな人が、さまざまなことをしている。
そして、現代では、それが可能なのだ。

ただ、その種類が多すぎて、自分はどうあるべきか?なんて面倒なことを考える人は稀だということも事実ではないだろうか?

では、この「めんどう」と思ってしまう人は、どこに属してしまうのだろう?
そして、その人達が子供を持った場合、その子供はどこに属する確率が上がるのだろう?

「人は変えられない」、「過去は変えられない」

と言われますが、人間が楽な方向へ流れていくこと、ネガティブな思考をしてしまう脳を持っていることが分かっている時、この『変えられない』ということを盾にして、何も働きかけなくてよいのでしょうか?

子育てにおいて、「人は変えられない」という不可能の分野を可能にしていかなければならない部分があります。

幼い子供が、命の意味を知らず、小さな虫達を無造作に殺してしまうことがあります。
手の届くものを片っ端から壊していく時期もあります。

でも、このようなことをしていては、人間社会で生きていくことは厳しくなります。

多少の経験を経て、これらのことをするべきではないことを知ることが大切でもあります。
むしろ、大人からの一方的な制止により、経験を中断させられてしまう方がよくないかもしれません。

なぜなら、『痛み』を知らずに大きくなってしまうからです。

痛みは、無知な行動を抑制するための大きな要因になります。
小さな虫であるアリを踏みつぶすと、仲間のアリ達が体に上ってきて噛みます。痛いです!
お皿を割ってしまったら、その破片で手を切って、痛い思いをしてしまうかもしれません。

このような経験をすることで、人間の言葉を使って教えることができることよりもはるかに多くのことを、子供達は学びます。
その学びは、自分で手にするものなのです。教えられたものではありません。

これは、子供だけではなく、大人にも言えることです。

専業主婦も無知であれば、痛みを回避する方法が分かりません。
痛みとは、怪我をするという狭い範囲のことではなく、もっと大きな範囲のことです。

子供の不登校の悩みやご主人との関係での悩み・・・などなど、いろいろあります。

専業主婦は、ごく限られた世界のことしか見ることができない環境にいる人が多いです。
財力の問題、自己管理の問題、時間管理の問題、コミュニケーションの問題、これまた、いろいろあります。

知識を得て、それを知恵に発展させることができるほどの実力と、それとバランスがとれるような人格を持つことができた専業主婦であれば、
子育てにおいても、自ら余裕を作り出すことができるでしょう。

この余裕により、子供の未来を洞察する時間や、日々の接し方の工夫を生み出すこともできるでしょう。

さらに、実力がついてきたなら、親だけではできない子共の心を育む部分を作り上げていくこともできます。
これが、地域の人達とつながり、新しいものを作り出していく『何か』をすることです。

妻になり、母になることは、実は、並大抵のことではありません。

それまで、親に育てられ、自分の好きなことができる人がほとんどである現代、子育てという束縛は、たいていの人にとって負担になるのです。
周囲に、子育てをしながらでも、生き生きと生きている、真似をしたくなるような人がいればいいですが、
もしいなければ、噂などにより、自分の自由が奪われる立場が、結婚や出産、子育てからつながってしまうのは仕方がないことです。

でも、生き物や自然からプレゼントされる目に見えない楽しさや喜びは、本当は、人間が最も求めているものではないでしょうか?

その集大成と言えるものが、人間の子供を育てる・・・育む・・・ということだと思うのです。

自分の子供でなくても、人間が存続していくために今存在する子供達を育てることでいいと思います。
子供達でさえ、自分より幼い子達を育てればいいのです。
その子の知らないことで、自分が知っていることなら年代に関係なく教えればいいのだと思います。

またまた、これも大人にも応用できます。
年功序列という今までの常識は捨てなければなりません。

むしろ、若者の思考の柔軟さを尊重し、得意分野を持つ人から、そのような年代や職種、性別を超えて学ぶべきだと思います。
それが、世界の国々と競争していくために必要なのではないでしょうか?
この点を、これからの専業主婦も見つめ、対処法を探り実践していかなければなりません。


私にできること


それは、家族を、私らしく大切にすることです。
それが、自分の喜びなのです。
それが、夢なのです。

そして、家族とは、血のつながりだけが全てではない!と私は思っています。

だって、人生のパートナーとは血がつながっていないわけですし、
かといって、血の繋がっている親・親戚と志が同じとは限りません。

なら、今の私が本当に大切に思ってしまう人が家族なのだと思います。

家族のために、全身全霊をかける!
これが、私のやり方です。

ただ、それができる人は限られてしまいます。

とはいえ・・・?・・・兄弟間でいざこざが起きた時に対処するのと同じような気がします。
多くの大切な人がいたとしても、その中で、自分のことをもっとも必要とされていると感じる人のことを、
その時真剣に考える。・・・ただこれだけです。

・・・忘れることなどありません。

たとえ、忘れたいような事が起こったとしても忘れることができないこと・・・これが、その人の本当の幸せを無意識に願ってしまうレベルなのだと思います。

その人の夢を応援したい!



これが、「mama-Dream」につながっていくのだと思います。

私の場合、ごく限られた人の夢の応援になってしまうかもしれません。
でも、今の私の実力では、それしか考えることができません。

生きている意味を教えてくれるような、そのような大切な存在を意識できている自分は、本当に幸せ者です♪


我が家であるミサワちゃんを箱舟として、私が心を込めて作ったハンドメイド商品を、大切なかけがえのない方々へお届けすること。
そして、このときに動いているのは私だけではなく、子供達も一緒であるということ。
欲を言えば、私達に関わる人がいるということ。

これが、私と子供達で作り上げた『箱舟プロジェクト』なのだと思います。



我が子がいる限り、子育ては永遠に続きます。
内容は変わったとしてもです。

だから、この箱舟プロジェクトは、私の子育て期間ずっと存在するということです。

そして、このプロジェクトのマネージャーが酒林ゆき。
オーナーが日向凛。

マネージャーは、本来の私。
オーナーは、娘なのです。
今は、私が代わってしてやっているだけ。

そして、息子はサブオーナー。

娘には、いつの日かこれを譲り、
息子は新たな何かを作り出すために巣立っていくでしょう。


このインターネット内での世界で作り出されるmama-Dreamの世界。
ここで生きるオーナーの日向凛(ひゅうがりん)(娘)、サブオーナーの初牙森雷(はつがしんらい)(息子)、
そして、マネージャーの酒林ゆき(私の良心)。

これは、本の中の物語と言っていいでしょう。

ですが、ここで描かれたことが、オフラインで現実となっていく。

これが、普通の本の中のストーリーとは違うところです。

『思考は現実化する』ナポレオン・ヒル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%AB

このようなものもあります。
なら、私達の作り出すこのストーリーが現実化していくことも、否定できないことだと思います。

今では、子供達も、生活の中で楽しんで箱舟プロジェクトに取り組んでいます。

ですが、このようなことを考えている人が、今はとても少ないので、
日々の取り組みを通して、少しでも多くの人が楽しく子育てできるような、そんな未来を願っています。

今の頑張りが、娘と息子の生きる時代に、少しでも役立ってくれることを祈ります。


さあ!
また新たな船出です♪

今の私だからか、とってもワクワクします♪

不安な気持ちの部分は、心の隅にそっとしておいて、遠くに輝いている綺麗な星を見ることができます。


頑張ります
もっと、もっと、成長します。
あなたが自慢したくなるような人物になりたいです!!!



来月7月11日までには、いったい何が起こっているのでしょう♪ドキドキ♪

私の予想では、これまた楽しいこと盛りだくさん!という感じです。

そして、室内も、さらに片づけが進むでしょう。
(と、予言しておかなくちゃね!思考は実現化する!ですからね(^_-)-☆)


ではでは、今日はこの辺でヽ(^。^)ノ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント