今考えていること!

今、頭の中で繰り広げられている思考を文字にしようと思ったら思案の業となる。

でも書きたい。

<<メモ>>にする。


まず、今日の『ハンドメイドサロン』のスケジュール。

今日は6月最初のサロン。
6月から300円をいただく。
参加費は最初にいただいておく。

今日のテーマ・・・6・7月のテーマは『行動・学び・コミュニケーション』です。

今日は、集まった人の今日の状態を見て、今日のスケジュールを言った後か、
少し集まる時間がずれた場合は、最初に来た人から、先週からの変化をお聴きする。

そして、私の車で市民交流センターへGO!

車の中で、初参加の人がいれば簡単な自己紹介。
その後、ホームワークの発表。

センターについたら、10日にプレゼンをする人のリハーサルをする。
あの2階の見晴らしのいいところでしよう。
ロビーだし、会場費もいらない。

そして、1階のカフェに行き、250円の可愛らしくリーゾナブルなコーヒープリパフェを、今までの会費も含めて支払う。

食べながら、4・5月のよかったところ、改善してほしいところ、今後の希望をお聴きする。
そして、私からの提案もする。

参加者お二人の興味の分野が少し違うので、それぞれの興味のピンポイントの内容を別枠で設けた方がいいのか。それとも、今まで通り、同じ時間でミックスしていた方が、違った世界を感じることができるのでそちらの方がよいのかを聞く。

これからの方向性を、みんなでハンドメイドするのだ!

これが、私のハンドメイドサロン

参加者全員が、充実感のある時間を過ごしてもらうことを目標にしている。
サロンが終わったとき、始まる前とは違う新しい自分に出会える場所が、
私の我が家であるみさわちゃんこと『O+~door~』:アソシエーションハウス・ビジネスバージョン。

都会のoasisで、新しい自分を発見する扉を開くお手伝いをすること。

これが、私の役目。
そして、この行動は、子供達の心を育むことに繋がる。
私の最終目的だ!

『子供達と未来のために、子供の心を育むこと』

これが私のミッションステートメント。
ブレない軸だ。

ただ、これにたどり着くための道のりが長いため、自分以外の人に伝える時難しい。

今回、私の稚拙な企画書を、とても分かりやすく、そして、ワクワク感も残してまとめてくださった方がいらっしゃる。
本当にありがたいことだ。
この気持ちは、言葉で表すことはできない。
最初の私の企画書に助言をくださった人にも、本当に感謝している。

私の性格や、夢や、資質を知った上で、甘すぎず、厳しすぎないアドバイスを、それぞれの方らしくくださった。

このアドバイスを生かしていきたい。


昨夜は、かなり混乱していた。
まだまだ、壁が大きいことを目の当たりにしたからだ。

これでは、2013年末までに、予定通りのことができないかもしれない・・・・・

という不安に駆られてしまった。
でも、潜在意識の力を信じて眠りについた。

すると、目が覚めてしばらくしてから、閃いたことがあった。


それを細かく書く時間はもうなくなってきてしまったが、
一言で言えば、 いかに大きな器を持つかだ。

坂本龍馬もそうだったように、相手がどうあれ、勇気をもって心を開くこと。
それができたとき、大きな結果が自然に目の前に現れるのだと思う。

これにはとても勇気がいる。
別に、大きなリスクを伴うことではないのだが、今までの自分のやってきたことをケチらずいかに多くの人のものとして差し出すか・・・

なのだ。
ひとりじめにしたい!という欲求をいかに自然な形で、自分の夢を叶えるための手段なのだ!と、自分を納得させるかだと思う。


こうして書いていて、自分で自分に納得していっていることが分かる。

サロンの時間が迫っていても書かずにはいられない。
まとまらない状態で、何かをしても、それはよいものにはならない。

私の目指す場所は・・・新しい自分に出会いたい。子供達の心を育みたい。

これなのだ。
ここへたどり着きさえすれば、その途中の道順がどのようになろうとも、それはよいのだ!と覚悟しなければならない。

これは、私の子供の頃の夢でもあるのだ。
子供の頃には叶えられなかった夢を、今、実力の付いた自分が叶えてやるのだ。


・・・・・それだけはやりたい。


そのために、見た目では犠牲と思われることであっても、私はこれをやり遂げる。
これが、私にしかできないことだと思っているからでもある。

生きている間に、私にしかできないことをこの世に残したい。

それが、たとえ、本当に小さなことでも、我が子達は、その小さなことを覚えてくれているだろう。
妊娠悪阻と不育症を乗り越えて生み出した私の命のカケラ・・・それが、息子と娘だ。

全身全霊で育ててきた。そして、今も育てているし、これからも育てていく。

このことに焦点を当てたとき、自分でも恐ろしいほどのエネルギーがみなぎる。
これが母性なのだと実感する。
それのエネルギーは凄まじい!

思わず、本人の私でさえたじろいでしまう。

そう、これが良心であり、この両親に名前を付けた「酒林ゆき」なのだ。

この酒林ゆきを生み出してくれたのが家造り。
良心の声がかすかに聞こえ始めた頃は、精神的にかなり不安定になった。
そのような存在を否定していたからだ。

でも、ブロックしてもその声がどんどん大きくなって、認めざるを得なくなった。

そして、名前を付けた。 『酒林ゆき』と。

私の心のふるさとである新潟にちなみ、美味しいお米と水から生まれる「酒」、そして、美しい自然を抱く山にある「林」、そして、あのなんとも神秘的な世界を作り出す「雪」・・・・・。


絶対に忘れたくないものたちを集めたものが「酒林ゆき」という作品になった。


共に旅をしている。
私の憧れであり、指導者であり、パートナーが「酒林ゆき」だ。


これらのことをブクログでまとめるために、ずっと、どうやったら文字にできるかを考えてきた。
予定よりずいぶん遅くなっている。
でも、ほとんどまとまったと思う。

私と酒林ゆきが作り出すさらに憧れの女性像・・・それが「日向凛」である。

これは、ある意味、娘と重なる。
本人もさながら嬉しいようだ(^-^)

この「日向凛」のイメージを作り出すことは、少し前まで全くできなかったが、未来での存在を直感はしていた。


このような一風変わった世界観を、どのように表現しようか悩んでいた。
私は、嘘をつくこともできない性分なので、それで、本当のことをどのように表現すれば分かって得いただけるのかも考えていた。

考えて考えてやっと出てきたことは、とてもシンプルだった。

そのまんまでいいのだ!

ゲームやアニメーションのように、一つの世界を作り上げてしまえばいいこと。
絵本の世界と一緒だ。

でも、その内容は、リアルな世界でも使えること。
ここが違う。


ん~~~~~


もう時間切れ!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント