毎月11日は、反省と目標達成の日(2011年11月11日):鍛えられた私

先月の記事:http://sosakushitu.at.webry.info/201110/article_3.html


(2011/11/11記入)
添付の録音サービスは、12日のファシリテーター養成講座の実地訓練の交流会で行うアイスブレイク進行の原稿を本番さながらで、読み上げたものです。
スマートファンで初めての録音サービス使用だったので、操作がうまくいかず、やり直しが多々ありました。
おかげさまで、かなり進行の練習にはなりました。
アドリブも磨いておかなければなりませんからね!

練習をしているところがおもしろかったらしく、娘も「一緒にやりたい!」とのことで、参加させてやろうと思っています。
この録音サービスは、携帯などでは表示されません。
音声が出るので、お気を付けくださいね!
ご興味のある方は聞いてみてください。

























*************************************************


今日という日は、とても珍しい。
1がたくさん並んでいる。
11がたくさん並んでいると言った方が、なんだかやる気出るな!・・・私の個人的な感情だけど(笑)

実は、今回、予定が詰まっていて、今この記事を前日に書いている。
だからこれをアップするのは、明日だ。

今まで、たしか・・・その日にしか書いたことがなかった気がする。
私のポリシーに反する気がするが、これも私の成長の証かもしれない。

変化は成長だ!!!

過去と現在と未来を、感情面で、自由自在に行き来できるようになることも、これからは必要になるのだろう。
まず、今書いている記事を、11日の記事にしようと思う前に書いていたものをご紹介します。

その後に、11日の記事用に書き始めたいと思います。



***********************************
以下は、2011年11月10日(木)11:20記入
***********************************

時間を作り出し、記録をとることにした。

この今の状況と、私の成長の変化をどうしても記録に残しておきたい。


ただ今、2つのイベントに向けて準備を進めています。
一つは、今週12日に開催される、地域ファシリテーター講習会演習で行っている地域交流会。

そして、もう一つは、12月17日~25日まで開催の、これまた、もっと地域密着のまちおこしイベント。
こちらは、先生がおられるわけでもなく、市民が四苦八苦しながら、最初の一歩を踏み出している。

12日の交流会では、私はアイスブレイクの司会をさせていただく。
もちろん、このようなチャンスを逃すはずはない。
立候補させていただいた。

でも、これが、かなり難航!
あはっ!これだから、成長できるというか・・・無謀というか・・・(笑)
でも、今この状態で、かなり落ち着いている自分が、なんだか誇らしい♪

そうだなぁ・・・・・
1年前でも、このくらいのストレスがかかれば、胸はドキドキで吐きそうになっていた。
でも、今は、『緊張』に焦点を合わせたら、胸がドキドキし始めるが、それから焦点をそらす方法を知っているので、吐きそうにはならない。

この方法とは、
『未来で何が起こるかは、今の時点では誰も予想はできない。だから、予想のつく障害は全て解決策を見つけておくことに専念する』
これを、今まで、自分に叩き込んできた。

これがたたき込めたので、焦点を外すことができるようになったのだ。
これも技術だ。

さらに、昨日から、ノートブックの調子がおかしく、今朝電話をして聞いたところ、修理しなければならなくなってしまった。
これに伴い、様々なハプニングが起こってしまったが、それも、あわてず焦らず、一つ一つ問題を解決していく思考をすることができている。
後は実行するのみ!

そう・・・そして、ここまでくれば、時間との勝負になる。

近未来でやってくる予定は、待ってはくれない。
その中で、この記入をする時間をとることはかなり難しい。

でも、私にとっての地図となるこの記入は、どうしてもしておかなければならない。
なぜなら、この記録が、未来の私を助けることになるからだ。

過去には戻れない。

だから、過去の新鮮な感情にももどることはできない。
ということは、人の心を動かす真実は残せない。

私は、一人の人間だ。
だから、私ができるということは、誰かができるということ。
これはとても大切なことだ!

小心者で、繊細で、不器用だった過去の私。
今でさえ、まだまだ、その傾向はある。

でも、5年前の私では、もうない。
目指すことは一緒だけれど、たくさんの技術を見に付けた自分がここにいる。
これが、さまざまな困難(その時の自分がたいへんだと思ったこと)を乗り越えて得た『自信』という魔法だ!

この自信は、人から与えられるものではない。
誰かに助けてもらって、身につくものではない。
でも、自分の見えないところで助けてくれている人がいることを忘れていないから身につくものだ。

あ~~~~~
今この瞬間、とても幸せだ!
この一瞬一瞬に、幸せを感じることができる。

過去の全てのたいへんさが洗い流されていく・・・・・。


*********************************************


改めて書こうとすると、書けないものだ。
こんな時書きやすくする方法は、テーマを決めること!

今回のテーマは、『鍛えられた私』。

①2006~2007年
②2008~2011年

の二段階で、私は成長した。
これは、今を区切りとしたら、だが。

①では、ただがむしゃらに、与えられたことに取り組んでいった。
あの頃はまだ、はっきりと、考える時間と、だらけている時間が分かれていた。
だから、学ぶ時は息がつまったものだ。
目的や目標がはっきりしていなくて、その時やっていることが未来でどのような幸せをもたらすかを実感していなかったからだ。

それが、
②の期間に、徐々に実感をしていくことになる。
目的や目標も徐々に焦点が定まってきた期間だ。
②の時点では、諦めるということを考えないようにはなっていた。
でも、今ほどではない。
挫けそうになることしばしばだった。
でも、今はどうだろう?

そう、私は『折れない心』を手に入れた。

①②の過去の私が切望していたものだ。
これを手に入れさえすれば、どんなこともできると、潜在意識で感じていたのだろう。
確かに・・・これはスゴイ!

意識レベルのことでストレスに感じることはほとんどなくなる代物だ。

今度私が取り組むものは、この『折れない心』を子供達へ受け継ぐことだ。
さて、どうしたものか・・・・・・。

これが、私の生涯の目的だ。
・・・笑ってしまう。
こんなことのために生きているのかと思ってしまうほどだ。

日常の全ての行動を、これに焦点を合わせている。
さまざまな葛藤もあるが、この目的がブレない限り、つぶれることは決してない。
そして、これは、動物的にもつぶれることはないのだ。

それは、私が『母』であるから。

母は強い。
自分でも恐ろしくなるほどのパワーを持っている。
子供を守るためならどんなことでもやってしまうだろう。

このようなことに気づいている現代の女性は、いったいどれだけいるのだろう?
自分の中に眠る可能性・・・。

それは、無限だ!

日常レベルに焦点を当てると、前進の足跡が目に見えないので焦りが出てくる時もある。
これでいいのか?と迷いも出てくる。

でも、最終的にたどり着きたい場所がはっきり見えている限り、これらの焦りや迷いは、無意味と言っていい。

それだけ、覚悟の大きなものに対して、人間は前進していくということを、今までの期間で実験してきた。
これからは、子供達にも協力してもらう。
幸いにして、我が子達は歳が離れている。

まずは、息子で、そして、その反省点を改善して娘へテストすることができる。

これらは、子供達も了承済みだ。
了承というより、ワクワクしてこの実験に参加してくれている。

この実験の基盤になるものが、「箱舟プロジェクト」の実行だ。


人生は、冒険である・・・


なんて言葉を聞いたような気がする。
そうそう、そう言えば、昨日、息子がまた名言を口にした。


いろいろな中学生がいる中学校。
その話をしていて、私が言った言葉に対して指摘してきたのだ。

私「友達は選ばなくちゃね。億万長者になりたいなら、周囲の人5人くらいを全て億万長者の人にしたらいいらしいよ」

息子「確かに。でも、僕は少し違う。 『友達は選ばなくていい。選ぶのはその才能だ!』かな(ニヤリ)」


(驚)・・・・・・・・


いやはや、この手の分野は、もう息子にぬかされてしまったかもしれない。
人間観察において、虫好き、生物好き、父親からもらった頭脳をうまく使って分析しているこの人物。
それが、私の息子だ。

彼の才能を、今の私では、ある程度のスピードでしか伸ばすことはできない。
私の成長速度にも限界があるからだ。

良き指導者と、良き環境が、あの才能をさらに開花させるだろう・・・・・・・・・・

ちにみに、この言葉は、酒林ゆきが言っている。
母親である生身の私の言葉ではない。

この空間で浮かんでくる言葉は、不思議なことに、日常生活では忘れている。
だから、私も何度となくここを訪れて、記入されている言葉を読む。

酒林ゆきとは、いったい誰なのだろう?

たぶん、今後、心の研究が進んだら分かってくるのかもしれない。
今の私では、もちろん、この不思議な現象を説明することなどできない。

この事実を、今の私は認めなければならないのかもしれない。
それができて初めて、次の段階に行けるのかもしれない。

認めたくない私がいる。
なぜだろう?

それは変化だからか?
自分がいなくなってしまうような感覚になるからか?
・・・・・分からない・・・・・・


でも、今の私も、これからの私も、酒林ゆきが必要だ。
私の潜在意識である「酒林ゆき」。

(笑)潜在意識に名前を付けてしまうところが私らしいというか・・・・・・・
もうこうなったら、この事実をそのまま本にするしかないのかもなぁ・・・。
このあり得ないと、今は思われることを、一つのストーリーとして作り上げることが、今の私と未来の私を救うのかもしれない。

常識なんてないんだ!

あるのは、自然の摂理だけ。
太古から受け継がれしものだけが、唯一無二の常識なのかもしれない。

空気があること
空に雲が流れていること
海が輝いていること
川が流れていること
木の葉が揺れているということ

これらの奥に潜む様々な行いも、太古から受け継がれしものだ。

そして、この受け継がれしものを一番持っている人間が、幼い子供である。
子供は、過去であり、現在であり、未来と言ってもいい。

体の小さい人間。

ただそれだけのことだ。
そこに潜む可能性は、体の大きな私達大人とは比べものにならないほどだ。

これを感じることができる大人は、たいてい優秀だ!いや、確実に優秀だ!



あ~~~~~
私も、優秀になりたい。
それには、現代では、財力も必要だ。
これは、お金を自分だけに取り込むということではない。
お金の大きな流れを作り出すことができる力・・・ということだ。


この流れを持っていれば、たくさんの人を大切に育むことができる。


折れない心を子供達に受け継ぐために、まずは、財力を手に入れよう。
今の私は、それが必要な段階だ。

また、いろいろな障害が現れるだろう。
そう・・・これも今までと同じだ!

全ての基礎は同じなのだ。
この基礎を応用して、たくさんの道を進むことができる。
この方法を知ることができたから、心が折れなくなったのだろう。

乗り越えられない壁はない。
夢は実現するためにある。


実現できる夢を見つけることができるようになった自分。
今の自分で叶えることができる夢しか、夢としなくなった自分。
叶えることができる夢を叶えたら、また次の夢へ向かう。


これが、確実に大きくなる方法だ。
そして、これこそが、大きな夢を実現できる方法でもある。


今後も、もちろん自分を鍛えていく。


いったい、5年後、10年後、20年後・・・・・の自分はどうなっているのだろう?

このようなことを考えたとき、不安ではなく、ワクワクする気持ちになることができる。
以前の私では、こうはいかなかった。

未来の自分が素敵な自分であることを信じて疑わない。

これが重要だ。
そして、日常では、常に自分の詳細を見つめていく。
時には落ち込んでもいい。
でも、常に、頑張っている自分を賞賛しなければならない。

これが『継続』をするための秘訣だ!

自信を持ちながらも常に謙虚でなければならない。
謙虚さを忘れてしまった時、スキが生まれる。
大きくなればなるほど、そのスキも大きくなる。

そして、そのスキをつかれたとき深く食い込むことになる。
これは、大きな痛手を負うことを意味する。
だから、器が大きくなればなるほど、謙虚でなければならない。
これが『自分を律する』ということでもある。


自分を律する力は、日常の一つ一つの行いを大切にして行動することでしか身につかない。


さて、
このくらいにしておこう。
これからの道筋については、過去に決めたこととそんなには変わっていない。
私が3年前から思い描いている道を、時には横道にそれながらも進んできている。
だから、今後も、過去記事に記入している夢に向かって進むことになるのだ。

この目の前に、その夢が現れる日が来るのだろうか・・・?



(笑)きっと、来る!



今の私なら、それを信じることができる。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック