前記事の歌を聴きながら・・・

この歌との出逢いが、このタイトルを作った。

そうだった!
今、思い出した!




ただ・・・会いたくて・・・そう、それだけでいい・・・。

そんな人が、今は何人かいらっしゃる。
瞳を見ながら話してみたい・・・ということ。

インターネット内でも出会うことは可能。
私は、それだけで、ここまで来ることができた。
もし、インターネットがなければ、お金と時間と子供達を育てる、という事柄の関係上、今の私はない。

歌詞の一つ一つが、私の潜在意識の中に取り込まれている。
どの歌も、いったいどれだけ聞いただろう?

感覚で聴く私の聴き方・・・これまた変!

歌詞を覚えることがないのだ。
言葉から自分の想像を感覚的に取り込むのだと思う。

「心で聴く」というとしっくりくるかな。

心は言葉を覚えない。
感覚を覚える。
この感覚は、さまざまのことに応用できる。
「感情の基礎」とでもいうのかな?



「運命の人」って、いるのかな?

妊娠悪阻と不育症の経験から、人間がこの世に存在することが奇跡であることは知ってる。実感してる。
そんな奇跡が、この世にはたくさん存在する。
でも、それに気づいている人はとても少ない。

私も、この経験がなかったら今ほど実感していないだろう。

そして、運命の人との出逢いが、本来の自分に気づくきっかけを与え、
それまでに出会ってきた人との出逢いがどれほど尊いものであるかも気づいた。

さらに、その後の出逢いも、貴重なものであることを理解しているつもりでいる。
だから、どんなチャンスも全力で取り組む。

『運命』・・・生まれたときには既に決まっている・・・なんて聞いていた。

でも、そうではないことを、また出逢いにより教えてもらう。
その人は経験をしていた。
なら、私も経験できるかもしれないと思い、試すことにしたのだ。

「運命は変えられる?・・・なら、やってみよう!」こんなノリだった。


・・・・で、ノリは、本当になったのだろうか?
・・・なったと思う。運命は変えられる。

というより、それまで自分の運命と思っていたものが、実はそれは「運命の妄想」だったのだ!

なぜ、妄想してしまっていたかというと、自分を変化させる方法を知らなかったから。

自分ではどうしようもならないことに対して「これは運命だから」と、自分を諦めさせていたのだ。


諦めからは何も生まれない。自分の人生は自分で切り開く。



こんなふうにずっと前から思っていたけれど、それは思っているだけで実際に結果として現れることはほとんどなかった。

往生際の悪い私でさえ、いつしか、「諦めが肝心だよ」などと言うようになっていたようだ。

つい先日、息子が教えてくれた。
「お母さんは、『諦めるな』と僕に教えてくれた。でも、いつだったか『諦めも肝心だよ』って言って、僕がっかりした。
家造りの前に言ってた。」と。

危ないところだった。
息子達にまで、事実ではないことを吹き込むことになっていた。




優しい光・・・心の中にある。きっと、日本人なら持ってる。

歌って、・・・音楽って、心の鏡みたい!
外から、お茶を飲みに帰ってきた娘が「お母さん、それ、神様の言葉みたいだね!」と、目をクリクリしていってくれた(笑)

そして、言葉・・・文字も、鏡になる。
それがたくさん集まったものが「本」なのだ!

歌も本も、人間が作り出す。

そして、これらにもいろいろある。
機械的に大量生産されたものもあれば、オリジナルに作られたもの・・・など。

多くの人の心に響くものは、心の奥深くに眠るものに触れた時。

時代の流れと共に、心で感じることも変化するけれど、基礎部分に変化はない。
この基礎的な感情から派生したものが、時代を作るのかなぁ・・・?

さて、書くことはこの辺にして、今読んでいる「マネジメント」の続き、見よう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック