ストレス解消・・・新アイディア

夏休みは、ストレスがたまる。
以下は、愚痴です。
私にとってのストレス解消は書くことなのです。

「愚痴なんて聞きたくな~~~い」って人は、スルーしてください。






子育ては、楽しいけど、それとバランスよくたいへんなのだ!


夏休みって大嫌いだ~~~~~~!!!!!



と叫びたくなる時もある。
こんなこと書いたらまずいかも・・・?
今は、夢の中ということで(^-^)

「どうして、こんな感情になるのかな?」

と考えてみました。
それは、昼食作りに始まり、息つく間もなく子供達の世話が押し寄せるからかな?
子育て大好き♪な人には、あまり分からない感情かもしれないけど。

意見の対立に、兄弟喧嘩、などなど・・・マイナス面が目につく。

自分にとってプラスの部分を探し出さなければ、やってられない。
プラス面・・・可愛い。発見がある。成長を見るのは嬉しい。裏表がない。自分も成長できる。



他の側面からも考えてみた。

昔と今では、家事はずいぶん簡略化されている。
でも、生活スタイルが変化した。
そして、私が育った環境も違う。

私の世代は、ある程度のやりたいことができてきた。自分のやりたいことができる時代になっていた。
だから、できないことがあるとそれがストレスになる。

自分のやりたいことが全くできなかった時代の人も、今とは別のストレスがあったはず。
どちらが良いとか悪いとかは言えない。

子育てスタイルも変化している。
習い事の増加。それに伴う送り迎え。・・・まぁ・・・贅沢な言い分なのですがね。
嫌なら辞めれるのだし、何のためにやっているかを見失ってはいけないな。ウン。
自分で言って、自分で納得している。
子供と一緒に、今の時代を感じることができるのだから、Good!なのよね。

とはいえ、独り言でも言ってなければ、「思いやり」や「気遣い」を習い中の子供達に、エネルギーを吸いとられるだけになってしまう。
子供達のエネルギーは半端ではない。
原石だからな。
磨かれる前の原石。見た目は美しくないけれど、異様な光を放つ!可能性の塊なのだ!


さてさて、話がそれていきそう。

では、この「夏休みが大嫌い」大好き変えるには・・・?・・・どうしたらよいでしょう?



親子夏休み合宿があればいいのに♪

参加費を払って、宿泊食事つきで、いろいろな体験ができる。

わぁ~~ぉ♪♪♪

何となく閃いたことだけど、これってメチャクチャ魅力的!
あとは金額だな・・・。


5日間・10日間・15日間・20日間コースがあって、
夏休み期間をいくつかに区切って、5日間コースをこことここに入れる、なんてこともできる。

親子コースもあれば、子供だけコースもある。
そうだ!普通は、親は金額アップだけど、半額にする。
その代わり、スケットの役割を担う。

共働きの多い現代だけれど、こうすれば、共働き・そうでないところのバランスが取れていいのではないだろうか?
専門のスタッフがいれば、その指示に従って参加した保護者は動く。
参加した子供達は、みんなが自分の子と同様。

これで、参加者の保護者も学ぶことができる。

地域のシニアにも参加してもらえば、日本文化やさまざまな経験を継承できる。

これらを有効にするプログラムにするのだ。


4・5歳児クラス、小学校低学年クラス、高学年クラスに分ける。
このプログラムへの参加は、地域活性化運動をしている家族は、参加権をプレゼントされたり、
その度合いによって、割引券がもらえる。

おっ!
これは、国や県や市町村も、とてもメリットのあるプログラムではないか!
だって、税金をかけずに地域が活性化するのだから、協働にもつながる。

保健師さんや教室の指導者の派遣をしたり、市民の意識調査をしたり、いくらでもメリットはある。

どうせなら、企業も介入して、サンプルを渡して商品の宣伝をしたりすれば、宣伝費を削減できるのでは?
その削減の一部を寄付することで、高感度もアップ!

これが、コミュニティビジネスだ。


うぉ~~~っ!誰か~~、そんなシステム作って~~!


つながることが難しいなら、それ専門の人を配置すればいい。
もしくは、民間から有志を募る。もちろん、謝礼をする。
段取りは、とても大変。
通常業務をこなしている人に、新たに新プロジェクトを加えたらつぶれる。

自分の得意分野を出し切れていない人達に、出し切れる場を提供できれば、このシステムは回るのではないだろうか?

それに、そうそう・・・
住宅やエコ関連のことを勉強していると、集団で暮らすのはエコにつながるらしい。

そして、田舎に行けば、その土地へも貢献することになるし、日本の良さや人々の温かみを感じたり、逞しさも身につけることができるだろう。

田舎バージョン、都会バージョン、海外バージョン、地域バージョンなどがあればいいなぁ。

そして、それが自分の履歴書に反映するとか!
参加した子供も大人も、必ず成長するはずだから、参加していない人よりは何かを学ぶわけで・・・。

そうだなぁ・・・子供達は、保護者の意見で参加の決定権が左右されるから、学校からの推薦を受けることができれば無料で参加できるとか。

この子たちの参加費は、地域の役所・企業・地域費・国費などでまかなう。
子供手当もよいのだけれど、このようなことに使えば、お金がないだけで這い上がれない子供達を救えるのではないか。

たとえ、参加費を支払うだけの能力が保護者にあったとしても、日頃の行いから精進することをしている子供達には、名誉の推薦になるわけだ。


なんとか作れないかなぁ~~これ・・・。


と、またまた、考えてしまう。


「ないものは、作る」


精神。
これほどワクワクするものはない。
あっちの世界へ行っちゃいそう♪

たくさんの人が、少しだけ力を提供する・・・これが基本。

負担の分散だ。



たとえば、
宿泊には、建物かテントがいる。その土地もいる。食事もする。就寝セットも必要。

建物は、・・・例えば、田舎のお家にホームスティさせてもらう、とか・・・、ずっと続けるなら、古民家の再生をしてその施設にあてる。再生時にその手伝いボランティアにも参加する。さまざまな大人とのコミュニケーションが子供達を成長させる。
土地は・・・空き地を格安で借りて、持ち寄りのテントを張るとか・・・。
食事は、地産地消。形の崩れた物などを農家から分けてもらって、自炊。火の管理も学べる。
就寝セットは・・・寝袋を持参したり、貸し出しをしたりする。


山バージョンは、農家のお手伝いをしたり、山の手入れをしたり、
海バージョンは、漁師さんのお手伝いをしたり、
都会バージョンは、公共機関の使用方法などを学んだり、
海外バージョンは、文化や歴史を学んだり、英語に親しんだり、
地域バージョンは、「この地区どれだけの人と話をするか」を競うとか・・・。他施設訪問などもある。


協力って、大切。
これからの時代は、自分さえよけりゃ、じゃ、外国とは競えない。
国のくくりではなくて、地球を美しく保ちたい人・人の輪を大切にする人がつながって、それ以外の人は、排除されていく・・・・・そんな世になるのではないだろうか???????

人種、性別、肩書などの壁をぶち破って、このような枠組みで、人間が分けられる・・・・・・・。



そんな世界を見ることができるのだろうか?



そういえば、半年前の私とくらべて、ずいぶん具体的に目指したいものが書けるようになっている。
驚きだ!


他の側面からも見ることができる。

健康について。
私は、朝ウォーキングをしている?今は捻挫中でできてないけど・・・。
とても体にいい。

現代は、テクノロジーが発達したから以前より時間を作り出すことができている。
この時間を、人間の進化に使わなくてはならない。

進化しなければ、人間は滅びる。(極端かなぁ・・・、どうでもないような気がするけど・・・。)

これらの時間を、いろいろな分野に、バランスよく配分しなければならない。
この分野にもいろいろあるから、何があるのかを学んで、自分に合ったものを選択しなければならない。


個性があるから、表面的なことで重要度を見てはいけない。

この判断ができるためには、人格形成がとても重要になる。


そうでなければ、個性を感じ、認めることができず、不公平感が出てくる。
その時の自分のできる限りの力を発揮すればよいのだ。
自然の摂理にそぐった人格形成ができていれば、間違った方向に行ってしまうことはない。


「人格形成」どうやったらできるのだろう???????


そういえば、今読んでいる「8つの鍵」:ロイス・クルーガー/著これは、究極の子育て本だ!


私が、母から叩き込まれたことが一部に含まれる。
そして、今私が学んでいることを追加して、現在は、私が子供達に叩き込んでいる。
全身全霊で、実行している。

ビジネス本としてベストセラーになったらしいけど、なぜ、教育書として紹介されないのだろう?
まっ、売れないからかな(^-^)ターゲットの選択は、最初はとても重要。
でも余裕が出たら、ターゲットの幅を広げることができるはず。

幼稚園、小学校、図書館の「教育コーナー」へも置いてみるべきだと思う。

内容的には、8つまとめてではなく、1つずつで1冊の本にする。
でなければ、子育てに直接かかわる保護者は、読む時間がない。耳からの情報を取り入れるやり方でも難しい。
それよりも、ポケットタイプの本が便利。安価だし。

8つで、完成!

ということも分かるけれど、興味を持って、手にとって、そして、読む。さらには、それを実行に移すには、最初が肝心だ。

短くすれば、保健婦さんがリーダーとなって、子育てワークショップのような資料としても使える。
もちろん、私のようなコミュニティビジネスのオーナーも、使用できる。
著作権の問題があるのなら、資料として使うとき、その参加者に、興味を持った項目の本を購入してもらえばいい。
強力な口コミ効果がある。

ビジネス界と子育て界が、手をつなぐ方法がないのだろうか???

これができれば、例えば、お父さんが働いていてお母さんが主に子育てをしていたら、このバランスを取ることが容易になる。

企業も、この「8つの鍵」の精神を見習う。
直接子育てをしている人に関わる人達も見習う。

同じ方向を向いているのだから、歩く場所は違ったとしても進む方向は一緒になる。

最終ゴールにたどり着くまでに、いろいろな方向を向いていてもいいけれど、意識上は同じ方向を向く。
個性に合わせて、やり方を選べばいいし、方向も決めればいい。

明日、経済新聞(首都圏)に大きく掲載されるらしい「[図解]成功の9ステップ」:ジェームス・スキナー/著も注目すべきところだ。

この半年いろいろやってみて、教室やイベントを開催するまでなら何とかできる。
だが、その次のステップの「参加者に影響を与える」というところまで行こうとすると、達成率が激減する。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さすがに眠くなってきちゃった・・・・・。
今日の10:00~作家さんとの打ち合わせだ。
寝とかなくちゃ。

エクステリアのこととか、一昨日の夢のこととか、その他諸々書きたかったけどな。
エクステリアは、「未来の庭」がタイトル。
夢は「心の底」。

執筆中の「愛の言霊~oasis~」も、やっと一部が発展してきた。

現在の時刻夜中の3:44。
さすがに、まだ外は暗い。
8つの鍵を少し読んで、寝ま~~す(^.^)/~~~







子育運アップ育児に疲れたママへ贈る子育てストレス解消パワーストーン天然石ブレスレット【即納】【天然石パワーストーン】10P13jul10
PINK KISS
パワーストーン 子育て中のママへ・・・ 育児は正にハードワーク 「たまには、ゆっくりしたい」のも本音

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

子育ての不安を解消する100のアドバイス
楽天ブックス
商品副データいいママにならなくても、ラクしてもいい!長谷川七子主婦と生活社この著者の新着メールを登録

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

酒林ゆき
2011年01月04日 11:03
とても興味深い内容だ。
未来で、必ず参考にしなければ!

この記事へのトラックバック