重なる時は重なる・・・

心が折れそうだ













そう・・・・・こういうときもある・・・・・・
でも、一生続くわけではない。
それに、まだ、下を見ればいくらでも下がある・・・・・・・・

そう、私は今生きている。
それに、こうして、起き上がり、指を動かし、考えることができるのだから、欲張ってはいけない・・・・・・


パニックになる前に、書くことで自分の考えをまとめようと思う。
気持ちを落ち着かせることが、今の私には必要だ。

優先順位を考えることもできなくなった今、それでもそれをしなければ・・・・・・・
でも、全てを投げ出したっていいのだ。
自分が壊れてしまったらそれでおしまいだ。

ひとつ、ひとつなんでもよいのだ。優先順位なんて付けなくっても、とにかく、最初に閃いたものに全力で向かい、それが終われば次に行く。

何も考えず、その一つのことを終わらせることに集中する。・・・・・・・・・・・・・・
もう、それしか方法がない。

余裕なんてない。

普段の「余裕」を使い切った状態だ。
ここは、必殺の「耐える」を使わなくては、持ちこたえられない。

「耐える」これは、妊娠悪阻の時、究極に鍛えてある。あの時を思い出せ、「1秒」の戦いだったんだ。
あれに耐えた私なら、今の状況にも必ず耐え、乗り越えられる。
そして、また、新しい力を手に入れられる。

こんな風に自分を鼓舞しても、心が震えている。
「無理だ。耐えられない。全てをを投げ出したい。」
そんな風に叫んでいる。

大丈夫。私の心。

必ず私が守る。大丈夫・・・・・・・。大丈夫・・・・・・・。大丈夫・・・・・・・・。


まず、状況把握からいこう。



先週風邪をひいていた子供達もよくなり、ひと安心していたら、主人の出発する日に、また、息子が熱を出し、そして、娘も・・・・。
このときにすでに、心が折れた。
急いで食い止めたが、言葉では言い表せない不安が押し寄せた。

次の日は、ダスキンの月一度の交換日。
これは、変わってもらえばいいことでもあったかもしれない。でも、それでいいのか・・・・・。
それでは、今までと何も変わらない。

よって、自分ですることにした。
子供達も頑張ってくれた。

そして、その朝、私の祖父がなくなったとの知らせがあった。
明日がお葬式だ。
お年を召しておられたので自然の流れなのだが、
この地から離れていた私は、お葬式に出たことがない。

そのため、その準備にも相当のエネルギーを吸い取られてしまう。
この土曜日には、学校の発表会もある。息子の健康管理も気になる。

そして、幼稚園の役員の仕事のキャンセルもしなければならない。



頑張れ・・・・・・大丈夫・・・・次は、優先順位を付けていこう。




1、ダスキン、昨日未回収分の回収。

2、喪服関係準備。小物を探す。黒靴購入。

3、ダスキンと幼稚園役員へ連絡。

4、お葬式会場へ行く道順の確認。

5、・・・・・・・


ひとまずこれだけをこなそう。



たいへん申し訳ありませんが、お約束していたもの、メールなどの返信、が滞ります。

お許しください。

この文面をもって、謝罪に変えさせてください。
それぞれの方にお伝えすることができません。

どうぞよろしくお願い致します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

酒林ゆき
2009年11月05日 09:52
心は暗いが、音楽を奏でよう。(テンプレートの意味)
闇が、その音楽によって吹き飛ばされるはずだ。
タイタニック沈没時のオーケストラ奏者のように・・・・・。
私の心の中で引き続けてくれ。
よし、行動開始だ 
2009年11月05日 13:26

大変だね。。一度に色々な事が重なってしまったんだね。
人間は物理的限界があるので、手放す事が可能な事は誰かに頼んで欲しいなーー。

ま、、優先順位が付けられる、やるべき事を明確に把握している、、、から何の問題もないと思う。

大変な時は子供も使って下さい。子供は信頼され頼られた事に満足感を持つと思います。
自立にも繋がるしね。


2009年11月05日 18:02
先日読んだ「インディアンの教え」という本にこんなことが、書いてありました。

「自立」とは、本当に困ったときに「助けてくれー!」って、叫ぶことができることだよ。「信頼」と「つながり」を持ってね。
それがなきゃ「孤立」になっちゃう。

とありました。

だからね、うまくいえませんが、頑張らずに頑張って下さい。
2009年11月06日 16:51
確かにいろいろ重なって大変ですね。心への負荷がかなりのものかと思います。
ただ、お子さんも頑張れると思いますよ?大丈夫、任せてって言ってくれたら、信頼してやってみるといいですね。信頼されたうれしさは心の成長を促します。
みんなで乗り切ってください。
ありきたりで申し訳ありませんが、ガッツです!
羅輝さま*酒林ゆき
2009年11月07日 08:51
ご心配をかけてしまいました。すみません。
でも、つぶやくことで少し軽くなりました。ありがとうございました。
子供たちにもずいぶん負担をかけてしまいました。冷静さを欠いてしまえば、頼るというより負担になってしまうよな気がします。
それでも、どうしようもなかったので、落ち着いてから感謝の気持ちをこめて抱きしめました。そして、「ごめんね。ありがとう。」という言葉を添えて。
子供たちは、優しいです。
ただそれだけで、「いいよ。大丈夫だよ。お母さんも頑張ったよ。」と言ってくれました。
ほんとうに・・・成長を感じます。
これからも、家族みんなで頑張ります。
kojiさま*酒林ゆき
2009年11月07日 08:56
励ましのお言葉、ありがとうございました。
頑張らないよう頑張りました(^-^)
「インディアンの教え」とても勉強になりました。
「孤立」は危険ですよね!私も注意しているつもりでも、けっこう、殻に閉じこもるタイプかな・・・。
涅さま*酒林ゆき
2009年11月07日 09:02
ご心配をおかけしました。すみません。
そして、励ましのお言葉ありがとうございました。嬉しかったです。
ひとつひとつの出来事が、子供達の成長につながているのですね。
よいことも悪いことも、ひとつのチャンスと考えれば、成長材料になりますよね。
しばらく、スローでいきます。
キーボードの調子が悪く、速打できません。故障かなぁ・・?
グラシュスープ
2009年11月08日 15:50
私も今週はいろいろ落ち込む事件のあった一週間でした。私の部署は弔事が発生した時、弔電を打ったり、供花を手配したり、香典を用意します。今週、申請のあったある事例の住所を花屋さんとかが探せず、お花が届かないという前代未聞の事態が発生し、その対応(本人からのクレーム)に追われました。また、個人的に信頼をおいている方との間が、ちょっとしたミス・コミュニケーションの発生でこじれてしまい、かなり落ち込みました。自分のブログも数日書き込みを中断しているのですが、今、ゆきさんの記事を見て、誰でもそういうことはあるんだと思いました。すごくわかります。また、訪問します。お元気で。
グラシュスープさま*酒林ゆき
2009年11月09日 06:58
おはようございます。コメントありがとうございまし。
グラシュスープさんもいろいろ重なってしまったのですね。
私など、昨日は、後ろから追突され、子供達も私もけがはありませんでしたが車は修理に出さなくてなならなくなりました。
相手の方が普通に対応できる方だったので、よかったのですが・・・。
(つづく)
再グラシュスープさま*酒林ゆき
2009年11月09日 07:14
(つづき)
この記事・・・書こうか迷いました。・・・いや、迷っている余裕はありませんでしたねぇ。
ただ、「どこまで本音を出すか」という部分を迷ったのだと思います。
私は、ほとんどが、かなりポジティブ思考の内容なので、「弱音」部分を表に出すことは、ある意味勇気がいるというか、・・・・・。
でも、未来で、私自身がこの記事を見返した時、「こんな時もあったんだ!だから今があるんだ。」と思いたかったのです。
いつも、元気満々ではいられません。もちろん、そうあればいいなぁ、とは思いますがなかなかです。
ただ今かなり精神的に復活したのですが、体力的にはまだまだですね。
細切れ時間を使ってまでの書き込みができない状態です。
毎日、いろいろなことが飛ぶようにすぎています。ノートになぐり書きするのもやっとです。
でも、でも、・・・・・この経験が、きっと、役に立つ時が来る!そう信じて、今は頑張っていこうと思っています。
グラシュスープさんも、頑張ってくださいね。
きっと、この時期を乗り越えれば、また、素晴らしい日々が待っていると思います。
2012年09月17日 21:52
こんな頃があったよね!
やっぱり、過去の私が書いてくれたのは正解でした。
ありがとう♪過去の私!
!もしかしたら、時々感じるあしながおじさま的感覚は、未来の私からの励ましや優しさなのかもしれない!

この記事へのトラックバック