水鉢のリボン

画像
「お母さん、見て!ほら、水鉢のリボンみたい!」
幼稚園の帰り道で摘んだコスモスを水に浮かべた娘は、こんなことを言いました。
さて、これからおやつに「ホットケーキを焼こう!ホイップも泡立てよう!」と、張り切る娘でした。
昨日は夕暮れまで、ご近所様の子供達とそのお母さん達と、公園で遊びました。息子の時を思い出しました。子供達と過ごす時間は、ゆったりと「とき」が流れます。
最近では、私にとってこの時間は貴重なものです。
心穏やかに楽しい話をしながら、可能性の詰まった小さな体ときらきら輝く瞳を見て、癒されたいと思います。



ヨーロッパ調陶器鉢・ベランダ・お庭・素焼きテラコッタ鉢テラコッタリボンバスケット(Mサイズ/246033)
楽しいガーデニング生活『なごみ』
(30) ヨーロッパ調の陶器鉢リボンがアクセントのバスケット!◆大きさ幅34cm 奥25cm  高さ

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

愛らしいラベンダーとリボンのデザインのポットウィッチフォード 植木鉢LAVENDER POT《ラベンダーポット》9.5号鉢相当【FGP1211_5】【ポイント5倍】
渋谷園芸 植木鉢屋
*カタログ表記サイズ直径外寸 31.0cm高さ 22.0cm★無作為に選んだあるひとつの鉢のサイズ実

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2009年11月13日 17:26

子どもの素直な言葉に耳を傾けると心が落ち着くよね。

子どもの純粋さがそうさせるのかなーーー。

でも、大人の方に心の余裕がないと、その言葉の素直さにも気付かないよね。

2009年11月14日 08:02
コメントありがとうございました。

子供の頃素直な感性には時折、何かを考えさせられたり
驚くような発想があっていつも感動します。

正直な分ショックや喜びが大きいですからね
大切な時間は人それぞれですがたやすく見つかるものでは
ありません。それを持ってるのも可愛いお子さんの
ギフトですね。(^_^)
2009年11月14日 16:30
大切な時間こそ、一番大切なものかも知れませんね。生きている中で。
2009年11月14日 18:57
子どもはいろいろなおはなしを聞けるんですよね。そして、感性が鋭くて、とても勉強になります。
子どもに学ぶことって多いですね~!
羅輝さま*酒林ゆき
2009年11月14日 23:22
本当にそうです。なにもかも・・・。
以前の私は、風邪で休んでいた子供達の喧嘩に嫌気がさし心の余裕がありませんでした。そんなとき、子供達の会話をイライラと聞いてしまいました。
ですが、元気を取り戻し、学校と幼稚園へ行ってくれ、ひとときの自分の時間が持てるようになると心に余裕ができ、今回のような気持ちになれます。
この「余裕」というものは、心の器が大きく深いほどそれに比例するものだと、最近では感じています。
どんな時でも余裕を持ってのぞめるよう、常日頃から心を鍛えておきたいものです。
子供達の純粋さを感じ、自分も幸せになるために・・・。
たけさま*酒林ゆき
2009年11月14日 23:27
ご訪問に、コメントもありがとうございました。
とても奥深い内容をご記入いただき、嬉しい限りです。
子供達の可能性を垣間見たとき、自分の可能性のことを考えずにはいられません。
同じ人として、これからも、たくさんのことを学び成長していきたいと思っています。
そして、それを子供達にも受け継いでもらえるよう、日々、格闘していきます(^-^)
Kellyさま*酒林ゆき
2009年11月14日 23:32
そうですね・・・。
大切な、「時間」・・・。
時間(とき)は、一瞬一瞬消えてなくなっています。この時間を何にどのように使うか・・・そのようなことを、日常で真剣に考えることはほとんどありません。
でも、それができたとき、新たな「大切さ」が生まれるのかもしれません。
人それぞれ「大切なもの」が違うと思いますが、全ての人に平等に与えられた時間は、ある意味、最も大切なものなのかもしれません。
涅さま*酒林ゆき
2009年11月14日 23:40
日々、たくさんの学びを子供達からもらっています。
子供の成長は目覚ましく、昨日のその子とは、今のその子は違います。
このことを肝に銘じておかなければ、つい、軽はずみな行動をとってしまいます。
これが、バカにされる素になります。
相手の変化に敏感に反応することが、コミュニケーションをとる上で、とても大切なことだと、子供達と接していると痛感します。
そして、その変化についていければ、子供達は動物的感性で、こちらを評価します。この評価は、見返りを求めない「愛」そのものです。

この記事へのトラックバック