性教育って、いつから?

突然ですが、・・・・・私にとっては突然ではないのですが・・・前から記事にしてみたいと思っていました。

「性教育」

って、どんなもので、子供の年齢がいつからがいいと思いますか?
確か・・・学校では、私の場合、小学校の4年生?5年生?の保健の授業のときからかな。

そして、私が子供達にしている「性教育」は・・・・・。
けっこう小さなときからです。

息子は、3歳の頃から私が流産するたびに「命」についての性教育を受けていましたね。
ちなみに、流産といっても娘が生まれるまでに3回したのですが、全て心臓も見えない初期段階で、です。

小さい子でも分かるような話題にしたり、虫好きの息子なので、カブトムシの交尾を見たり・・・。
自然界には、性教育の材料がたくさんあります。
それも、とても神秘的で美しく大切なこととして、子供達の心の中に入っていきます。

今、小5の息子は、かなりいろいろな知識があると思います。
私が、よく「こんなことを言われたら、女の人は傷つく」とか「嬉しい」とか教えているので、かな~~り、女ごころも分かっていて、同世代の女の子たちには「おしゃべりなおもしろい人」として仲良くしてもらっています。

以前の地では、幼なじみということもあったと思いますが、他の男子には言えないことを息子に言ってくる女子がたくさんいたとか・・・
上級生の女の子に可愛がられて、ニックネームで呼ばれたり、・・・そういえば、突然、一緒に遊ぼう!と誘いに来られて、息子が留守だったので私がビックリしてしまったこともありました。

我が家は、今までに、ハムスター・セキセイインコ・金魚などの魚類・ヘビ・ヤゴ・カエルにザリガニ・カブトムシなどの甲虫類・・・・などを飼育してきたので、「生」や「性」について話す機会がたくさんありました。
チャンスを逃さなければ、子供達はこれらのことをすんなり聞きます。
そして、自分で考えます。

どれだけ大切なことかを実感できれば、あとは、何も言わなくてもそれぞれの性を大切にしていくような気がします。


以前、ドラマでしていた「14歳の母」を、題材にしたこともありました。
当時息子は何歳だったのでしょう?まだ、早いかな・・・と思いながら、手探りで話し合いを進めていきました。
今は、あの頃話していてよかったな・・・と思います。


男の子も女の子も、それぞれ違った種類の性教育が必要な昨今ではないでしょうか。
自分のことを大切にするためにも、偏りのない知識が必要だと思います。

皆さまは、どのようにお考えですか?





”いのちとこころ”に向き合う性教育
楽天ブックス
クラスが、学校が、保護者が変わる小学校 著者:岡山市小学校保健部会出版社:東山書房サイズ:単行本ペー

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年05月04日 11:17
小さい時が色々教えていく事は大切だと思います。
私も息子(5歳)ですが時々教えて居ますが妻曰くまだ早いと何時も叱られます
男の子や女の子の教え方は違うかと思いますが・・・。
多少の知識が有って良いかと思いますね。後は自分で考え事が良いかと思います。
私達の時代には教えて貰った覚えは有りませんが自然と覚えましたよね。
2009年05月07日 01:56
私のような専業主婦の方々にも、いろいろな意見があります。
この記事では自分の意見をはっきり書きましたが、普段はよほどでなければここまでのことは言いません。「性」というと人によっていろいろなとらえ方がありますからね(^-^)

この記事へのトラックバック