旅行で見てきた「家」のつづき


<<夏休みの挑戦!!>>
ただ今、
執筆中
ご興味のある方は、読んでみてください。
3冊書いてきましたが、なんだか筆が進みませんでした。
いろいろ考えているうちにようやく「書いてみたい」というものにたどり着けました。

タイトル:『愛の言霊~oasis~』/酒林ゆき著
http://www.intel.co.jp/jp/tomorrow/#/book/read?isbn=5784838769074&&chapter=0
携帯版はこちら
http://m.intel-c.jp/s/m/book/toc/5784838769074?guid=on





以下は、Nさんに送った私からのメールです。
感想を書いてみました。

間取りは、こちらを見ていただければご理解いただけると思います。
http://www.misawa.co.jp/misawa/news_release/misawa/pop-up/release-pages/pdf/release090408.pdf



*******************
私のお気に入りの部分をお伝えします。
たくさんあるので外から中に入っていく要領でお伝えします。

玄関面のおうちの顔。バランスや色彩、雰囲気などスッキリとシンプルで素敵でした。
あそこだけ、異空間のオーラが漂っていました。

風力発電の風車・きんかんの木・清潔感の漂うスッキリとしたフォルムのステップと花々。
自然な隆起のある地面、枕木埋め込みステップ、ECO装置をはめ込んだついたて。

南エクステリアは、テラスとウッドデッキがステップ形式になり奥へと続いている。
多目的水道蛇口、その位置。
南面の芝生造りの変わった仕切り。自動水やり機。
光の反射を使った瓶。

大きなスリット窓入りの玄関ドア。
玄関を入って、広々空間に見せる鏡の使用と空間を使った収納。
動線。土間空間の使い勝手。
それに引き続いた畳コーナー。
この畳コーナーを独立できる仕切り。
キッチンの両脇にある4連の窓による空間の広がりを感じる間取りや窓位置。
そこからの眺め。
キッチン周りの収納や機能。
ゴミ分別引出の位置。数。
カウンターに接続した机の位置・形・機能。
多目的テーブル。
テレビ台の位置、機能。
その上の収納棚、デザイン、奥行き幅。
ピザソファ。
深い庇。
洗面・浴室の高級感・明るさ。(ブラインドだけでは不安がるので、北エクステリアのトレリスへのつる性植物の生育が必要)
1階にある大きめのクローゼット兼納戸。

2階の子供部屋。ドアのない仕切り。(我が家で、娘が指を挟みそうになった時ドキッとしました。子供部屋のドアが壁に取り付けてある部分で。)
幼い頃は、ドアの開け閉め時の危険性があるのでそれがないのは保護者には安心かもしれません。
大きくなったら、同性の子達は相部屋で、異性の子はもう一つの部屋。
大人たちは和室を寝室に。などという案もありますね。


ひとりになりたい時の部屋として、西の部屋を役割部屋にするという手も。
「誰の部屋」と決めるのではなく、「何に使うか」の部屋として定めてもいいですよね。

2階の収納に、限界感を感じます。
物をなるべくリサイクルするなどして、家の中には最低限必要なものだけ残す考え方が必要ですね。
もしくは、地域に、荷物用のアパート部屋のようなシステムのあるものがあれば、思い出の品や季節もの飾りは、そこへ保管するなど。

煙突喚起の機能や見た目。(メンテナンスは大丈夫ですか?)
階段のところの大きな窓。
明るくて、夢が広がります。(これも、トリのふんなどをされた場合はどうするのかな?)

照明の種類や配置。

太陽光発電方法。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Nさんの未分野の挑戦が至る所にちりばめられている作品だと思いました。
拍手です。

どんなに便利なものができても、それが既存する限り、人間の要求は尽きることはないと思います。
創意工夫の気持ちがあれば、新しい商品が生まれますよね。

これからも、頑張ってくださいね。
応援しています。



****************

こんな感じです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年08月15日 17:43
先ほど、こちらの記事に気持ち玉をつけてくださった方、ありがとうございました。
…といっても…、この私からのコメントを読んでいただけるか分かりませんが…。
ただ今、私もこの記事と次の記事を読んでみて、「なるほど!いいこと書いてるな!」などと、自分のこととはいえ、思ってしまいました。
ここまで書くには、相当、集中していると思います。この記事に、この時期に、気持ち玉をいただけることは、私にとって、特別な嬉しさがあります。
もし、よろしければ、コメントをいただけないでしょうか。ご無理のない程度で。
それでは、またのお越しをお待ちしています。

この記事へのトラックバック